windowsが起動しないなら動作確認をしてみよう

安全で手軽なデータ共有

ファイル

データ活用の可能性広がる

オンラインストレージサービスでファイル共有を行うことで、安全でありながら手軽にデータ活用を実現できます。自社サーバー内でファイル共有をすることに比べ、社内外での共同作業を大幅に効率化することができます。オンラインストレージサービスでファイル共有を行うことで、スマートフォンなどのモバイルディバイスでかんたんに必要なデータにアクセスする事ができます。コストを抑えつつデータ活用のクラウド化が可能です。ファイル共有をオンラインストレージで行うことのメリットとして強固なセキュリティ対策が挙げられます。自社サーバーでは怠りがちだったセキュリティアップデートなどの作業が業者によって自動的に処理することができるのです。

ファイル形式などの柔軟性

自社サーバーを利用する場合、ファイル形式の柔軟性にどうしても欠けてしまいがちです。サーバーを導入した際のファイル形式に固定されがちで、ファイル形式のトレンドの変化や取引先の利用するファイル形式の対応をできないケースもあります。オンラインストレージサービスならセキュリティ対策と同様に対応するファイル形式も日々拡張されていきます。オンライン上で簡単にプレビューが可能なアプリの開発なども業者に任せることができます。データの活用のためには強力なファイル検索機能も必要です。オンラインストレージサービスはファイル検索機能にも力を入れているので、ファイル形式を横断してさまざまなデータ検索が可能となります。オンラインストレージサービスはファイル共有の他にも、オフィスソフトの利用やスケジュール管理や連携など多彩な機能が利用できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加