windowsが起動しないなら動作確認をしてみよう

ファイルをネット上で共有

ネット

企業間でファイルを共有

企業内の社員同士はもちろん企業間でのファイル共有を目的に、法人向けのオンラインストレージサービスが注目をされています。特に大きなサイズのファイルを企業間でやり取りしたい際に、法人向けのこのサービスを利用することが多いのですが会社が異なるので気を付ける点があります。まず最初に企業間ということになりますので、万が一のために暗号化は必須になり復号化するためのパスワードは別に送るというものです。現在社会において情報の意図しない流出であっても問題になってしまいますので、オンラインストレージ利用時には気をつけたいものです。また個人向けのサービスを利用するのではなく、法人向けと謳われているサービスを利用するのも安全面で安心できるので有料であってもそちらを利用すべきです。

ファイルを共有する魅力

法人向けのオンラインストレージサービスを利用するには、やはりビジネス上の大きなメリットがあるためになるのです。まず社内での利用については大切なデータをどこからでも安心してアクセスできるというメリットがまず挙げられます。特に最近はパンフレットなどを電子データ化する動きがありますが、オンラインストレージを使うとそのパンフレットを外出先で取り出すことができるのです。これは特に多品種をお客様に提供している企業にとっては、ページ数の多いカタログを営業が持ち歩かなくて済むということを意味します。これはカタログを製本するコストを抑えるだけではなく、営業自体の機動力を挙げることにもつながっていくのです。この例はあくまでも一部のメリットですが、うまく法人向けオンラインストレージサービスを利用することでビジネスをさらに広げることができるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加